ダークシャドウ

  • 2012.05.20 Sunday
  • 10:00
昨日、ダークシャドウを観てきました!
初日とうこともありほぼ満席!

以下、ネタバレを含みますので反転。
これから観られる方はご覧にならないでください。
*************************

今回もオープニングがなかったのが残念。
ナイトメア、チョコレート工場、スウィーニー・トッドなど、
ティム作品のオープニング好きとしてはちょっと残念でした。
あったら絶対素敵になる作品なのに!

アメリカで放映されていたドラマ1200話が元になっているそうで、
まとめるのは大変だったのでしょうけど、
ヴィクトリアが家庭教師、という設定は必要だったのかな、と;
家庭教師をしていたシーンも、子供達と交流する場面も一切なかったけど…。
そもそも子供達の存在意味は?というくらい、サブもサブなキャラでした。
キャロリンがぐれてることにもうちょっと意味があったり、ストーリーがきっとドラマの方にはあったのでしょうけどね。
狼女だった、というのもいきなりすぎて、最初の方に伏線欲しかったなと。
あとヴィクトリアがバーナバスを好きになる理由が弱かったな、と。
生まれ変わりであったとしても恋心までの距離が唐突すぎました;
そんなで物語全体としては若干無理矢理感が…。

バーナバスのキャラクターや心理などはうまく表現されていたように思います。
かなりかわいいキャラでした(笑)
魔女も悪役なんだけどどこか憎めない、愛すべきキャラクターです。
バーナバスと魔女のお話だけで良かったんじゃないのかっていう…。
ドラマの初期にはヴィクトリアが主人公だった割には、映画では印象の薄いキャラでした。
そういえば「コープス・ブライド」のヴィクトリアも印象薄かったな〜。

と、評価は酷評のようではありますが、
ひたすらバーナバスが可愛かったので、個人的には3.5〜4つ星つけたいところ。
完全なるひいき目です(笑)。
あとお屋敷のゴシック感がたまらない!
ゴシック好きにはたまりません。
あと箇所箇所にあるブラックユーモアだったり、バーナバスの時代錯誤な発言だったりが面白かったです。
全体的にはコメディなノリでありながら、テーマとしては「愛」な気がするので、切ない作品でした。
なんだかんだいいつつやはりバーナバスが可愛かったので、DVDは買ってしまうと思います。

*************************

ネタバレ終了。

それにしても白塗り率上がりましたね。
エドワードにマッドハッターにバーナバス…
スウィーニー・トッドやウォンカさんも白塗りに近い気がしますが…。
どのキャラクターも変人でありながら根はピュア、というところが大好きです。
海賊も好きだけど、やはりティム作品のジョニーが一番美人です
女優のように綺麗に撮ってくれるところに、愛を感じます。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM